Windowsソフトウェアの作り方

  • 撮影した動画を編集するためのソフトウェア

    • スマートフォンやデジタルカメラに動画撮影機能が搭載され、写真だけでなく映像を残すことも一般的になってきました。

      しかし、撮影した映像は冗長なことが多く、楽しく印象的だったはずの思い出が、映像で改めて見返すとメリハリがなく見ているうちに飽きてしまうことも多いはずです。

      そんなときは、動画編集ソフトウェアを使って編集を加えることで、楽しい思い出を映像でよみがえらせることが出来るのです。


      動画編集ソフトウェアは、お気に入りのシーンをつなげたり、映像内にテキストを表示させるといったプロ仕様の編集が可能です。操作は簡易編集モードが搭載されていることが多く、簡単に行えます。
      詳細な編集を行えるモードでは、画面効果を追加したり、音楽を流すといった編集も出来るのです。
      また、場面ごとにチャプターを付けたり、メニュー画面やオープニング映像を作成することで、市販のDVDと変わらないクオリティの映像を作成することが出来ます。最近のデジタルカメラやビデオカメラが4K解像度での撮影が出来るようになっていることを踏まえ、動画編集ソフトウェアも4K映像の編集に対応しています。

      しかし、4K映像はファイルサイズが大きく、パソコンに掛かる負担も大きくなるため、高性能なCPUと大容量のメモリが必要になることが多いです。

      しかし、4K映像は今まで見たこともないほどの圧倒的な映像美が楽しめるので、是非挑戦したい映像編集です。

      映像編集ソフトウェアを使って、思い出をより楽しく振り返りましょう。

      パソコンは、起動している限り常に発熱し続けます。
      発熱量が多くなり冷却能力が追いつかなくなると、パソコン内部の温度が上がり、動作が不安定になることがあります。


      そういった状況に陥らないために、パソコンの温度を計測するソフトウェアを利用しましょう。

      温度計測ソフトウェアは、パソコンの中心であるマザーボードに内蔵されているセンサーをもとに温度を計測し、リアルタイムで表示するソフトウェアです。


      パソコン全体の温度だけでなく、CPUやグラフィックスカードのコア部分であるGPU、ハードディスクドライブなど温度が上昇しやすい部分の温度を計測し、個別に表示させることも出来ます。


      パソコンの部品では、CPUの処理能力が高く発熱も大きいイメージがありますが、最近ではCPUに加えグラフィックスの技術進歩やディスプレイの解像度がフルハイビジョンや4Kという高解像度になったことにより、GPUの負担も大きくなっています。

      CPUの温度が高くなると動作が遅くなったり、場合によっては自動的にCPUの保護機能が働きパソコンが強制終了してしまうことがあり、GPUの温度が高くなりすぎると画面表示に問題が出て、作業が行えなくなってしまう可能性があります。

      温度計測ソフトウェアを使用していれば、温度変化がリアルタイムで把握できるため、パソコンの負荷を調整できます。


      温度が高くなったら作業を保存していったん中止するといった対策を取ることが出来るようになるのです。

















  • 関連リンク