Windowsソフトウェアの作り方

  • サードパーティ製のソフトウェアでIOSアプリ

    • iosのアプリはアップル純正の開発環境が必要な時代が長く続いたのですが、ようやくさまざまなサードパーティ製のアプリが作成できるようになっており、アップストアにも多数のサードパーティ製開発環境によるアプリが展示されています。



      iosのアプリはアップルが求めるアプリ基準に準拠していることが大事なのですが、サードパーティ製の開発環境では独自に機能を追加した上でアプリ基準を準拠している場合が多いようです。



      ソフトウェア開発では用意されているアプリ開発基準を守ることが開発する上でメリットがあるのですが、アップル社の場合はその決め事がとても細かくなっており、サードパーティ製の開発環境でも準拠はとても大変だったようです。ios用のソフトウェアはアップルのテストを突破しないとアップストアに提示されないのですが、審査は個別のライブラリにまで及び特に広告関連のソフトウェアについてはチェックが厳しくなってきたようです。サードパーティ製の開発ツールでも無駄に審査に落ちないように注意してライブラリの開発が進んでいます。



      とくにゲーム分野においてはアップル純正の開発ツールよりも便利になってきてます。


      特に3Dを使ったゲーム開発においてはサードパーティ製ツールは他の機種での実績もあり使い勝手がとてもよいツールが多数提供されています。


      また、有料であった開発ツールが多かったのですが、現在ではアプリ収入に応じての価格帯に変わってきており、一定額以下の場合は無料で使えるツールが多くなっていますマルチタスクと言うOSになり、一つのコンピュータで複数のアプリケーションが同時に実行されるようになりました。
      これは何かと言いますと、実行ファイルにおいてのアプリケーションのアドレス指定が相対的に行われるようになっていることです。つまり、そのプログラムはコンピュータ上におけるどの部分に読み込まれるかが分からないのです。



      その為にソフトウェアは、どこに読み込まれても大丈夫なように作成されているのです。
      シングルタスクの場合、同時に行う事のできるソフトウェアはひとつなので、コンピュータを占有する事ができたのです。



      その為に、絶対番地なる言い方で、メモリのどこに処理を移すかなどを直接的に指定する事が出来たのです。



      完全に処理を占有する事が可能なので、どのようにしてソフトウェアを作るかはマシンの純然たるパワーをフルに発揮できたのです。

      しかし、マルチタスクになると、同時に複数のアプリケーションが動くので、ある処理を行っていたときに時々フリーズのようなものが発生してしまいます。



      ここが悩みどころで、演算処理の途中ならば良いのですが、とある決まった時間軸が連続しているようなもの、つまり動画再生時におけるときに発生してしまうと、見ていて少し疲れてしまいます。


      NET環境になるとなおさら他のコンピュータからの干渉において処理速度がシビアに変化してしまいます。


      この様に、ソフトウェアを作る際において、ここはしょうがないと言う部分が昔と比べて趣旨が変わってきていますし、これからも変わるでしょう。



      この辺の動向は常にチェックしておきながら、対処をし続ける必要があるように思われます。

  • 関連リンク