Windowsソフトウェアの作り方

  • ソフトウェアはどのような製品なのか

    • パソコンにおける定番ソフトウェアと言えば、MicrosoftOfficeに代表される表計算ソフト「Excel」、ワープロソフト「Word」が有名で、日々ビジネスにプライベートに使用されている方も多いと思います。
      最近は、パソコンも複数台使用したり、スマートフォンやタブレットなど、デバイスも多様になっています。

      POSシステムに関するご質問を解決いたします。

      その中でMicrosoftが提供するクラウドサービスの一環で「OfficeOnline」があります。

      マイナンバーシステムに関する情報です。

      同社が推進しているサービスとして、ソフトウェアサービスのクラウド化の中で、様々な環境で使えるサービスとして展開しています。
      一番の特徴として、パソコンの場合はソフトウェアのインストールは不要で、ブラウザの中で仮想ソフトウェア環境を構築します。

      また、書類もローカルではなく、同じくストレージサービスの「Onedrive」上で書類を保存、編集することができます。このサービスは無料で提供されますが、機能が一部制限されています。

      期待できるmoonshot情報はこちらです。

      但し、簡単な入力や編集など最低限の作業は行えるので、外出先である程度の作業は無料版でも可能です。


      有料の場合は、Office365サブスクリプションライセンスがあれば、全ての機能が使用できます。また、androidやiOSなどのスマートフォンやタブレットも同様に使用できます。


      こちらはアプリとしてインストールする必要はありますが、基本機能は無料です。
      会社で仕事をして、移動中や、自宅でで簡単な入力をオンラインで行うような使い方も可能です。これまでのインストールするofficeと合わせて使用も可能なので、あらゆる環境でofficeが使える便利な時代になったと言えます。
      アイデア次第で様々な使い方が可能なので、一度お試しする事をお奨めします。

      ソフトウェアはOSごとにプログラムする必要があります。

      現在のコンピュータのシェアから言えばWindowsが断然多いのですが、開発者の比率は必ずしもコンピュータのシェアとは比例しないようです。

      本物の飲食店の経営情報の豊富さで有名なサイトです。

      また、開発においても実行したいコンピュータやOSで開発することは必ずしも必要なくなっています。

      あなたにぴったりのマイナンバーのアウトソーシング関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

      そのため、使いやすい開発環境があればOSは気にしないという方も多いようです。
      Macについても同様であり、WindowsやアンドロイドなどさまざまなOS用のソフトウェア開発が可能となっています。

      http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016110301000728.html

      ただし、Mac用のソフトウェアについては最終的にはMacでコンパイルする必要があることが多いようです。

      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/9146322.html

      Mac用のソフトウェアを開発するには通常Xcodeと呼ばれるアップル社の開発キットを利用するのが一般的です。

      http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1275057377

      Xcodeは無料で配布されており、アップストアに登録しないなら無料で開発を行なうこともできます。

      ただし、Xcodeはアップル製品の開発のみに対応していることから他のOS用の開発には別な開発キットを利用することが多いようです。

      ただし、Macで動作する開発キットは多数あることからWidnowsだけではなく、Linux、ゲーム機などの開発においてもMacが活躍する場面は多くなってきています。

  • 関連リンク