Windowsソフトウェアの作り方

  • ゲームソフトウェアを開発する手段

    • ゲームは遊ぶものですが、自分で作れればさらに楽しいとも言われています。

      ゲーム用のソフトウェアは一般的に派手な3D表現などが目立ちますが、開発自体は普段使っているコンピュータの多くで無料で開発することができるようになっています。3Dゲームを作る際に必要になるのは3Dモデリングソフトウェア、開発キットです。
      どちらも無料で公開されているものが多くあります。

      3Dを作るためにはモデリングソフトウェアを使いますが、さまざまなツールがあり、数百万するものから無料まで多くありますが、どのソフトウエアを使っても最終的には詳細な3Dデータを作り上げることができます。


      無料と有料のツールの差は仕上がりの綺麗さ、ツールの使い勝手、サポートの有無、ゲームプログラムに組み込むためのライブラリの充実度です。

      3Dモデリングしたデータはそのままではプログラムで使いにくいため有料ツールの場合は適切に変換してくれることが多いのです。ただし、無料のツールであっても別なプログラムで変換することができる場合が多いので情報を集めればできないことはありません。

      開発キットについてはゲーム機専用の場合が多く、有料ツールが多いです。

      しかし、アンドロイドやiphone、Windowsで動作するゲームなら無料で公開されているツール群で十分作成可能です。

      無料のツールが多いですが、専門的なツールになると売上に応じて料金が請求される場合もありますので注意が必要ですパソコンを使ってインターネットを楽しむ場合に一番最初にしっかりとセッティングしておきたいのがウイルス対策です。

      このウイルス対策はそれを用途としてソフトウェアをしっかりと選んでインストールしておくことが大事です。


      基本的にこの手のソフトウェアをいろんな商品があります。
      大きくウイルス系のソフトウェアを分類するなら、有料のものと無料のものにわけることが出来ます。
      お店などでウイルスソフトを見ると、意外と高い金額で売られていることに気付きます。

      一年間でいくらなど、利用期間から金額が決まっていることが多いですがお金が無い状況では少々痛い出費となります。
      そのような場合、購入することが出来ないからと言ってウイルス対策を放棄しますと、それは逆効果でありパソコンがウイルスに感染してしまうと修理費用が高くなりますし、パソコンを買い換えるとなればなおさらの事でもあります。

      もし、どうしてもソフトウェアを購入するのが厳しい時はインターネットから無料で利用することが出来るウイルスソフトを探してインストールしておきましょう。性能としては無料なので、やはり有料の商品に比べるとセキュリティが甘くなることは否めませんが、それでも無料のソフトがあるかどうかの差はかなり大きいです。
      貯金をして優秀なソフトウェアを購入出来るまで、このように無料のソフトを活用して繋ぎとすることはインターネットを利用する上で当たり前の知識として覚えておきましょう。

















  • 関連リンク