Windowsソフトウェアの作り方

  • ios用のソフトウェア作成

    • ios用のソフトウェアは主にアップル社が提供しているXcodeと呼ばれる開発環境で作成します。

      しかし、サードパーティ製のソフトウェアでも開発ができるようになったこともあり、現在ではさまざまな環境下でios用のソフトウェア開発が行われています。

      ios用のソフトウェアで開発される場合、プログラム言語はObjective−Cが多かったのですが、現在ではC、C++、Java、Javascript、HTML5でも開発ができるようになってきており、対応する言語は今後も増えていきそうです。



      サードパーティ製の開発環境は純正品ではないので開発してもiosで公開できるか不安におもわれる方も多いのですが、ポイントを抑えておけばどのような環境下でも問題なく作れますし、アップストアにも多くのアプリが公開されています。iosのアプリを作るための環境で大事なことは最終的にビルドする環境はマックが必要であること、iosによるファイル管理に従うことです。


      ビルド環境はマックがなくても作れるのですが、実機でのテストからマックが必要となります。

      これはiosのセキュリティがマックを必要としているためであり、アップストアに提出する際からマックが無いとできないようになっています。

      便利なcdの朗読が有名になってきました。

      また、iosのファイル管理についてはAndroidとはまったく違うと考えとくべきです。スマートフォン用のアプリ開発ではファイルを作成することが多いですがios管理では自由な場所で作成することが違反になりますプログラミング言語のほとんどは英文で構成されているので、ソフトウェア技術者にはまず英語の素養が必要なことが分かります。

      また、プログラムに論理矛盾はあってはならないので、論理的な思考力がないといけないことも分かります。

      これらの条件を満たしていれば、文科系の人材でもソフトウェア技術者が務まると考えられ、実際に出身が理工系以外の人材の多くがソフトウェア業界で活躍しています。

      しかしながら、ハードウェアの知識がある程度ないとソフトウェア技術者としてやって行きにくいこともまた事実です。

      オーディオブックのための情報を提供するサイトです。

      なぜなら、ソフトウェアはハードウェアを設計者の意図通りに動かすためにあるからです。



      ソフトはそれ自体が人とハードをつなぐマンマシンインターフェースですが、これを細かに観察すると、デジタル回路をプログラムの内容を基に動作させるインターフェースがさらにその中身に存在します。まず、英文で書かれた言語をデジタル回路が認識できないので、これをアセンブルしてさらに機械語に翻訳するためのアセンブラやコンパイラが必要です。これらの作業をコンピュータに行わせる専用のソフトも用意されてはいますが。しかしながら、近年のソフトはハードに合わせて設計する必要があります。



      逆にソフトに合わせたハードの設計もありますが、例えばパソコンの基本OSなどはパソコンの回路技術の近況を知らなければそもそも設計が成り立たないものです。

      それに、パソコンのユーザがパソコンで何をやりたいと考えているのかを知らなければソフト設計はできないものです。

      http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000H7AX7

      さらに、パソコンやスマホでどのようなソフトが使われているのかを知っておくことも大事で、それに対抗できる商品を開発することで事業として成立するのです。

      http://girlschannel.net/topics/874686/

      つまり、マーケティングが不可欠なのです。

      http://www.mbs.jp/news/kansai/20161115/00000023.shtml

      これらのことから、ソフト技術者はハードを始め多くの知識や知見が必要なことが理解できます。

  • 関連リンク