Windowsソフトウェアの作り方

  • オープンソースソフトウェアを公開するときのルール

    • 画期的なアイデアがプログラム上で実現できた瞬間に、全世界のプログラマーとソースコードを共有したい思いに駆られることがままあります。
      個人ブログで公開したとしても、アクセス数増加の対策をしなければなりません。

      手軽に多くの人の目に触れる環境でソースコードを公開したいのであれば、オープンソースソフトウェアが集まっているサイトを利用すると効果的です。オープンソースソフトウェアは、ソースコードの著作権が開発者に帰属した状態のまま公開することができます。


      一定の条件を満たしているなら、自由にソースコードの利用を認めることによって、オープンソースソフトウェアの仕組みが成り立っているのです。


      何事もルールが定まっていなければ、適切な運用はできないと言えます。オープンソースソフトウェアについても同様で、ソースコードにライセンスを付与することが求められます。

      ライセンスを付与しない考え方もありますが、ソフトウェアの開発者として一定の責任を負うことを担保する印としてライセンスは必要なものです。


      ライセンスには、大きく分けて3つの種類があります。


      GPL系、MPL系、そしてBSD系です。
      それぞれに特徴があるので、公開するソースコードがどのように利用されることを望むのかによって、適宜ライセンスを付与することが大事です。
      ライセンスの全文は英語で記されていることが多くありますが、心配することはありません。


      流用することが可能だからです。

      家電製品店やパソコンショップへ行けば簡単にウイルス系のソフトウェアを見つけることが出来るので、ウイルス対策を行うのはとても簡単です。
      パソコンのソフトウェアは本当に様々なジャンルのソフトがありますが、その中でもウイルス対策のソフトウェアはパソコンを使う事とセットになってくるほど重要度が高いので、どんな店舗へ行ってもこの手のソフトだけはほぼ必ずと言って良いほど陳列されています。
      しかし、一番手っ取り早くウイルス系のソフトをパソコンに導入する方法は通販です。

      通販でソフトを購入してもディスクが無いのに導入できるのか疑問に感じるかもしれませんが、これは基本的に購入したメーカーのソフトをインターネットからダウンロードしてインストールすることになります。
      そして、ソフトをパソコンにインストールすることが出来ると、次に商品を購入した際にその商品のロックキーを入手できるため、そのキーを入力することでソフトを使えるようになります。


      このようにして一度ソフトをパソコンに入れると期限が切れるまで使い続けることが出来ます。

      期間が終了する時、これは新たにソフトを購入することになりますが、すでにパソコンへ入れているメーカーのソフトを継続して使うなら、そのまま延長をするだけで簡単に継続して使うことが出来るので便利です。


      いろんなメーカーのソフトがあるので、値段や内容などをじっくりと見ながら好ましいソフトを探してみると良いです。

















  • 関連リンク