Windowsソフトウェアの作り方

  • iosソフトウェアの作り方

    • iosはiphoneやipadで動作するOSです。



      iosはアップル社が開発、配布を行っており、専用デバイス以外では動作しないソフトウェアです。



      iosにはアップストア経由でソフトウェアをインストールすることができます。
      パソコンと違い、自分で勝手にソフトウェアを入れられないのがネックですが、アップストアには無料、有料合わせて多数のアプリが並んでおり、多くの方に十分な量のアプリケーションがあると考えられています。



      自分でios用のソフトウェアを作成するにはいくつか方法があります。



      もっとも標準的な開発手法としてはアップル社が提供しているXcodeを利用した開発ができます。

      Xcodeは無料であり、実機でテストするまではデベロッパー登録も無料で行えます。

      デベロッパー登録は年に1万円程度かかりますが、作ったソフトウェアをアップストアに無料で掲載してもらえ、また、掲載時に行なわれるアップル社のテストも無料です。テストでは不具合を見つけたり、セキュリティ面での問題を指摘してくれます。スマートフォン向けのアプリでもAndroidではテストがないのでiosは面倒だと感じる方も多いですが、利用者からすれば安心して利用できるアプリばかりなこともあり、信頼してダウンロードしたり、購入することができるとして好評ですし、ios向けのアプリのほうが有料アプリの販売実績が多いという報告も多数あります。


      開発者側にとっても買ってもらえるチャンスが多い市場と言われています音声入力ソフトウェアを使いこなすためにはいくつかのコツがあります。
      まず、パソコンを毎日のように使い、1日のタイピング総文字数が3万や5万と大量の文章を書く人でない限りは基本的にタイピングする方が目的を早く達成出来ます。



      この音声入力ソフトウェアはマイクが必要なので、ヘッドセットをセッティングする必要があります。
      多くの人はこの時点で面倒と感じるので、本当に利便性を感じない限りは音声入力ソフトウェアを購入しても使いこなすことは出来ないことが多いです。毎日パソコンの前に座り大量の文章を書き、常にマイクがセッティングされている人、こうした人にとっては優秀なアイテムとなります。



      使いこなすためのコツは自分の話し方を上達することが大事です。そして、ソフトに言葉を覚えさせることも大事です。

      慣れない間は何度も修正することが多いと、ゆっくりと話すことを意識してしまいますが、ゆっくりと話すほどミスは増えます。



      日常生活で話をするスピードが最適であり、そのスピードにおいて滑舌を意識しましょう。毎日アナウンサーがやっている滑舌の練習のようなことを毎日やれば、自然と発音がよくなるので、それだけでかなり使いこなせるようになります。



      大体、1分で100文字をタイピング出来る人にとってこのソフトを使いこなせるとノーミスで入力出来たとして同等くらいのスピードとなります。

      長時間使うことを考えると、タイピングは疲れますが話すだけなら疲れないので、これは人によって持っておけばそれなりに使えるソフトです。

  • 関連リンク