Windowsソフトウェアの作り方

  • ソフトウェアの不具合を減らす

    • ソフトウェア開発では不具合を減らすことが最優先事項です。不具合を放置して機能を追加したり、パフォーマンスアップをする場合もありますが、不具合を残したまま製品化したり、公開することは後々問題が大きくなります。

      介護セミナーに興味ある方、必見です。

      ソフトウェアの不具合を減らす効果的な方法はテストをしっかりすることです。

      マイナンバー収集代行に関するアドバイスです。

      テストと言えば動作確認のことですが、ソフトウェア開発においてテストは動作確認とは違う面もあります。
      テストには単体、結合、システム、稼働とそれぞれの場合で異なります。
      特に単体テストの場合はプログラマに一任されることが多いためテストの内容がかなり変わってくることが多いようです。

      介護の保険ソフトに対して関心度が高まっています。

      単体テストでは自動化も行なわれるほどテスト項目は決まってくるのですが、プログラマによってはテスト項目を省いて結合テストに出してしまったり、自動化テストを通すために改変するなどして全体のプログラムへの影響を考慮せずに進める場合もあります。
      そのため、プロジェクトでソフトウェア開発をする場合にはテスト項目の一般化を行なうことが多く、テストの仕方、規約を配布して厳守するように求めることが増えています。

      購買システム情報がリニューアルしました。

      テストがしっかり行われていれば想定されている機能のパフォーマンスは出ますし、なにより、不具合が発生した場合に対応がしやすくなります。またテストがしっかり行われ、ドキュメントに残っていれば保守作業においてコーディングを修正する場合でも対応がとりやすいというメリットも生まれます写真は、デジタルカメラやスマートフォンなどで撮影する事が出来るようになった事で多彩な物を撮影出来ます。

      最高の間接材購買情報を調べるならこのサイトです。

      デジタル機器で撮影した写真は、Exifと呼ばれるデータが埋め込まれます。

      このデータは、撮影したカメラの情報や撮影した場所などの位置情報を埋め込む事が出来ます。

      https://allabout.co.jp/gm/gl/2344/

      写真を整理する為の写真管理ソフトウェアを使う事によって、このデータで管理を行う事が出来たり、地図ソフトと連携する事で、撮影場所を地図上に示すといった事が可能です。

      一方で、プライベートな写真で撮影場所を知られたくない場合には、Exifを編集したり、削除したり出来るソフトウェアも存在します。

      ブログサービスでは、デフォルトで画像をアップロードした際に、Exifを削除するようにしていますので、個人情報流出を防ぐ事が可能です。


      Exifデータは使い方によっては有益な情報源となりますので、ソフトウェアを上手に使っていきますと効果的です。

      http://girlschannel.net/topics/320088/

      撮影した写真を地図ソフトで示したいといった時には、このExifデータを使って地図に位置情報を取り込んで撮影スポットを教えるといった事が可能ですので、同じ趣味の人に情報を発信したいといった時に重宝するでしょう。
      Exifデータは、撮影した機器の情報や日にちだけを埋め込んでおく事も可能であり、写真撮影をしている人々が綺麗な写真を見掛けて、撮影した機器の情報を知りたい時に、Exifデータを使えば、簡単に撮影機器を知る事が出来ます。

      https://allabout.co.jp/gm/gc/58541/

  • 関連リンク